『カニ食べ放題&飲み放題!城崎温泉バスツアー』行ってきました!

シェアする

テレビでも紹介された冬のバスツアーの定番「カニ食べ放題」のバスツアー。関西を代表する温泉地「城崎温泉街」も付いて1万円を切るリーズナブルなバスツアー。テレビではかなり良さそうな感じでしたが、実際行ってみるとどうなのか?ワクワクドキドキ…行ってきました!

スポンサーリンク

カニ食べ放題!生ビール飲み放題と城崎温泉街

2018年12月8日、テレビ大阪「旅行会社に徹底リサーチ!大阪発!いま絶対行きたい旅はコレだ2018冬」で紹介されたバスツアー。

2018年12月8日にテレビ大阪で放送された「旅行会社に徹底リサーチ!大阪発!いま絶対行きたい旅はコレだ2018冬」で紹介されたバス旅の一つ...

平日出発なら1万円を切るリーズナブルな設定。
冬の味覚の王様「カニ」が食べ放題なだけでなく、税率の高い「生ビール」も飲み放題!

今回のバスツアーの企画・実施は「クラブツーリズム」さん。
実際どんなバスツアーだったのか、詳しく紹介したいと思います。

ツアー会社クラブツーリズム
コース名】『トイレ付きバス利用!たっぷり120分間!カニ食べ放題!生ビール飲み放題!と城崎温泉街』【JR大阪・新大阪 出発】
出発日】2018年12月20日(木)
旅行代金】9,990円/人(税込)

「クラブツーリズム」バスツアー 申込みはこちら


旅程

参加日:2018年12月20日(木)
天気:曇り一時晴れ
バス:阪急観光バス(トイレ付き)
座席:横4席×11列
【~7:45】集合・出発

集合場所は「西梅田バス暫定駐車場」。
20分前に到着し、受付を済ませて待つこと15分でバスに搭乗。

参加者全員に迷惑がかかる時間厳守のバスツアー15分前にはもうかなりの人数が集まっていました。

出発予定時間の5分前、順次バスへ乗車開始。

阪急観光バス

座席表を確認して自分達の席へ。トイレ付きのバスで、トイレは一番奥。

阪急観光バス 車内

今回の席は9列目。ちょうど9列目の席からシートピッチ(座席の前後間隔)が広く、ゆったりしていました。

JRで遅れが出ていたようで、10分遅れの「8:55」に出発。

電車の遅延なので仕方ないですが、参加者全員に迷惑が掛かるので、時間に余裕をもって集合した方がいいですね。朝早くて大変ですが(^^;

【7:55~8:55】バス移動

福島ICから阪神高速11号池田線に乗り、池田から中国自動車道へ。
阪神高速は少し渋滞していましたが、中国自動車道はスイスイ!新名神高速道路ができてすっかり宝塚の渋滞が緩和されました♪

吉川JCTから舞鶴若狭道へ。
舞鶴若狭道はさらにガラガラ。しばらく走り最初の休憩。

【8:55~9:15】休憩(西紀SA)

城崎温泉までの休憩は「西紀SA(下り)」のみ。

トイレだけでは時間が余ったのでSA施設内をぶらり。売店で「名物黒豆パン」(180円)を購入。すっごく美味しい♪

西紀SA 名物 黒豆パン

【9:15~10:55】バス移動

トイレ休憩中に、席に「城崎温泉外湯めぐり」のマップを置いてくれていました。黒豆パンを食べながら城崎温泉街を予習。

城崎温泉 マップ

途中車内販売あり。
昼食会場の「渡辺水産」で取り扱っている商品が4点販売されました。

一番美味しそうな「のどぐろ味噌」(500円)を購入♪

車内販売 のどぐろ味噌


「集合~バス移動」の詳しい内容はこちら↓

テレビでも紹介された冬のバスツアーの定番「カニ食べ放題」のバスツアー。関西を代表する温泉地「城崎温泉街」も付いて1万円を切るリーズナブルなバ...

城崎温泉街

【10:55~12:00】城崎温泉街 自由行動

思っていたより早く到着。

温泉にも入りたかったけど時間が1時間と少ないので街の散策のみ。

城崎温泉街 大谿川

大谿川(おおたにがわ)の美しい形式を楽しみながらまずはJR「城崎駅」駅前へ。

↓写真左が駅舎温泉「さとの湯」、右が城崎駅・駅舎。
城崎温泉 駅前

“駅通り”のお店に立ち寄りながらメイン通りに戻りってくるだけで、すでに25分が経過。

城崎温泉街 駅通り

テレビで紹介された「かにジェラート」が食べれるお店「城崎スイーツ」を目指し、”湯の里通り”を歩き「御所の湯」前へ。

城崎温泉 御所の湯

「御所の湯」の前にお目当ての「城崎スイーツ」がありましたが、残念ながらお店は定休日。せっかく足を運んだのに…う~ん、残念(^^;

城崎スイーツ

その時点で、すでに残り20分。

バス駐車場に戻りながら、途中で立ち寄ったソフトクリーム専門店「そふと工房」で「黄金のカニソフト」(680円)という名前も味も気になるソフトクリームを購入。

城崎温泉街 そふと工房 黄金のカニソフト

甘くてしょっぱい不思議な味ですが癖になる味!美味しかったです(^^♪


「城崎温泉街」の詳しい内容はこちら↓

テレビでも紹介された冬のバスツアーの定番「カニ食べ放題」のバスツアー。関西を代表する温泉地「城崎温泉街」も付いて1万円を切るリーズナブルなバ...

「クラブツーリズム」バスツアー 申込みはこちら


【12:00~13:00】バス移動

城崎から浜坂へ移動。
山陰近畿自動車をひたすら西へ。途中ちらっと余部鉄橋「空の駅」が見えました!

カニ食べ放題&飲み放題

【13:00~13:15】浜坂(渡辺水産) お土産タイム

ランチ会場となる渡辺水産。大きなビルでした!

浜坂 渡辺水産

1階は「海産物魚市場」で海産物やお土産を販売。昼食前にお土産を購入。

浜坂 渡辺水産 1階 海産物魚市場

「昼食の準備ができたら放送でアナウンスがある」というザックリとした説明の中、じっくりお土産を選んでいると15分で呼び出し。慌てて精算することに(^^;

ここでのお土産は「かにせんべい」(850円)と「鯖のへしこ」(1200円)。「かにせんべい」は友達用で、「鯖のへしこ」は自宅用。日本酒に合いそう♪

鯖のへしこ かにせんべい

【13:15~15:15】浜坂(渡辺水産) 昼食(食べ放題&飲み放題)

慌ただしく買い物を済ませて2階の食事会場へ。
ビックリする広さ!土日はギッシリなのかもしれませんが、今回のバスツアーでは、タイミングが良かったのか貸切状態。

浜坂 渡辺水産 食事会場

スポンサーリンク

席に案内され、簡単な説明のあと「食べ放題」&「飲み放題」がスタート!

事前にテーブルにセッティングされていた料理を食べるように促されましたが、これを先に食べちゃうと他が食べれないので注意!
かなり前から用意されていたのか、お寿司やお蕎麦はカピカピ、カニ爪フライはカチカチ。あと、茹でカニはスカスカ…う~ん、お世辞にも美味しいとは言えません(^^;

浜坂 渡辺水産 昼食 食事

食べ放題のカニは「紅ズワイガニ」。
テーブルにセッティングされていた茹でカニはスカスカでしたが、並んでいる茹でガニは新鮮で身の入りも良かったです。本ズワイガニに比べて値段が安いイメージが強いですが、鮮度の良い紅ズワイガニは美味しいので好きです(^^♪

浜坂 渡辺水産 昼食 食べ放題 飲み放題 紅ズワイガニ

残念だったのは「爪」が付いているカニが少なかったこと。身がたくさん詰まっている「爪」は人気のようで、あっという間に無くなってしまいましたが、補充はナシ…最初にかなり食べたのでまだいいのですが、テーブルに用意されていた料理を最初にしっかり食べてたら食べれずに終わってたかも…

お客さんが少なかったからか、お寿司やウニ、イクラなど人気のメニューは減りが早いのに補充はほとんどされず…ちょっと時代遅れのバイキングって感じです(^^;
ちなみに、「ウニ・いくら」は“クラブツーリズム専用”の張り紙がしてありました。

浜坂 渡辺水産 昼食 食べ放題 飲み放題 ウニ イクラ

料理はちょっと満足度が低かったですが、飲み放題はやっぱり魅力的!アルコール、特に生ビールが飲み放題って嬉しいですね♪
ビールサーバーの補充はしっかりされており、ビールが無くなることはなかったです(^^♪

浜坂 渡辺水産 昼食 食べ放題 飲み放題 生ビール

面白かったのは日本酒の熱燗!お湯で温めるタイプって珍しい♪

浜坂 渡辺水産 昼食 食べ放題 飲み放題 日本酒 熱燗 ぬる燗

ちょっと料理に問題はありましたが、紅ズワイカニが思った以上に美味しく、ビールが飲み放題というのは魅力的。それだけで元は取れるかな?


「クラブツーリズム」バスツアー 申込みはこちら


【15:15~16:55】バス移動

ビールをたくさん飲んだので、すっかりいい気分♪
そのあと強烈な睡魔に襲われ、いつの間にか眠ってしまい、気付いた次の目的地へ到着(^^;

海鮮せんべい但馬

【16:55~17:15】和田山(海鮮せんべい但馬) お土産タイム

最後は「海鮮せんべい但馬」で試食&買い物タイム。

和田山 海鮮せんべい但馬

「商品ランキング」が掲示されていたので、人気順に試食してみました♪

和田山 海鮮せんべい但馬 商品 人気ランキング

気に入ったのは7位の「黒豆きなこあられ」。

「かに」も好きですが、「渡辺水産」で買ってしまったので今回は購入せず。

他も美味しかったので「但馬ミックス」もついでに購入しました。

もう一つ気に入ったのが新商品の「わさびあられ」。こちらも購入。ここでの買い物のほとんどは自分へのお土産♪

和田山 海鮮せんべい但馬 せんべい お土産

奥にホットコーヒーのサービスがあり、余った時間はコーヒーでほっこり。テレビではクラブツーリズムだけのサービスみたいに紹介されていましたが、どこのツアーでも利用できそうな感じでした(^^;

和田山 海鮮せんべい但馬 コーヒー サービス


「クラブツーリズム」バスツアー 申込みはこちら


【17:15~18:15】バス移動

一度眠ったからか目がパッチリ。真っ暗なので景色を楽しむこともできず、ぼーっと過ごしました(^^;

【18:15~18:35】休憩(赤松SA)

トイレ休憩。「赤松コロッケ」が有名ですが、お腹がいっぱいなのでトイレのみ。

【18:35~19:25】バス移動

宝塚の渋滞はほぼなし。池田ICで少し混みましたが、それでも渋滞と呼べるほどではなく新御堂筋へ。
新御堂筋で少し渋滞に会いましたが、動かない程ではありませんでした。

【19:25~19:27】新大阪

行きは新大阪に寄りませんでしたが、帰りは新大阪駅から帰る人がいるらしく、6人が下車。下車が終わり次第、出発。

【19:27~19:35】バス移動

新大阪から梅田まではあっという間。帰り支度をしている間に到着。

【19:35~】大阪(茶屋町付近)到着・解散

集合場所と違い、エストの東端に路上駐車。阪急を利用するので近くなりました♪

ずっと座っていたので少し腰が痛くなりましたが、大して歩いてないので肉体的な疲労はほぼなし。やっぱりバスツアーは楽でいいですね♪


「クラブツーリズム」バスツアー 申込みはこちら


まとめ・感想

テレビではあまりに何でも「スゴイスゴイ!」と紹介されたので、期待が大きくなり過ぎてガッカリしたところもありましたが、全体としては楽しいツアーなりました♪

ツアー料金が手頃なのに、カニが食べ放題だけでなく、ビールなどアルコールやソフトドリンクが飲み放題。ちょっと安過ぎ?と思っていましたが、そこはしっかり食材レベルなどで調整されていました。

食べ放題として陳列されているカニなどで美味しいのもありましたが、最初にテーブルに用意されていたのが「いつ作ったの?」心配になるくらいのカピカピっぷり。鍋なんかは早く用意していてもまだいいですが、お寿司など鮮度が大事なので、ある程度考えて用意してもらいたいもんです…

常連さんなんかは、席に着くなりテーブルの料理には目もくれず大皿の方に向かっていました。追加で料理がガンガン用意されていた感じもないので、大皿なども鮮度的にはそれほど新鮮ではないようでしたが、テーブルに並べられていたのよりはマシ。
種類が豊富なのもツアーの売りにしていましたが、茹でカニやウニ、イクラを集中して食べる方がお得な感じでした。

今回のツアーは料理よりむしろ、ビールが飲み放題というのが嬉しかったです!食べ放題って言ってもそれ程食べれないし、カニを肴にビールや日本酒でワイワイ。他のツアー参加者の方たちともお酒を介して仲良くなれて楽しかったです(^^♪

また、「13:15~15:15」と少し遅い時間の昼食でしたが、それでも他のツアーの方より早かったみたいで、会場はガラガラ。空いていたのでビールも待ち時間なしでおかわりできたのがラッキーでした♪

もっと遅い時間に他のツアーが来るみたいで、料理がテーブルにズラリと並べられていました。時間が遅いほど鮮度が落ちていくみたい…「食べ放題ツアー」のバスツアーは初めてでしたが、昼食時間が遅いはちょっと注意が必要かも。

ビールをたっぷり飲んだのでトイレが近くなりましたが、バスの移動時間は1~2時間。次の目的地・休憩までなんとか我慢ができました。我慢できなくても、バスにトイレが付いていたので心強かったです。飲み放題の時はトイレ付きバスがやっぱり安心です(^^♪

テレビ番組で紹介されたのを観て参加したという人が大半のバスツアーでしたが、バスツアー常連の方も多数。常連さんから他のツアーのことやオススメツアーなどいろいろ教えてもらいとっても勉強になりました。今後のバスツアー選びに活かしたいと思います!

▽「クラブツーリズム」のバスツアーはこちらでチェック
クラブツーリズム バスツアー


『カニ食べ放題&飲み放題!城崎温泉バスツアー』の関連記事はこちら↓


バスツアーのチェックはこちら。